• HOME
  • 製品情報
  • 会社案内
  • 関係会社
  • IR情報
  • 採用情報
    • サイトマップ
    • メールフォーム
    • お問い合わせ
    • English
  • サイトマップ
  • メールフォーム
  • お問い合わせ
  • 検索
  • English

文字の大きさ

  • 製品情報
  • 会社案内
  • 関係会社
  • IR情報
  • 採用情報
製品情報メニュー

製品情報

精密成形技術

射出成形の限界を追求した、薄肉成形・微細転写成形技術を駆使し
車載、医療・バイオ分野に向けて高品質な製品を提供しています

  • 精密金型イメージ
  • 精密金型イメージ
  • 精密金型イメージ

1972年の創業以来一貫して、金型・部品において“高い精度”でモノを造ることにこだわりを持って事業を展開してまいりました。その基本的な姿勢は今後も変わりません。
成形品においても、他社では困難な微細パターンの転写、薄肉製品を高い精度で試作から量産まで提供いたします。

設計・開発体制

各種精密成形品イメージ粉末冶金にはじまり、ファインブランキング、熱可塑性樹脂へと発展してきた金型設計。光ディスク成形用金型の経験から、超薄肉成形や、成形品への微細転写技術の開発は、豊富な実績を持っております。
内容により開発スタート時には、弊社所有の金型・成形システムでの試作対応も取り扱っております

量産体制

各種精密成形品イメージ日本国内での試作対応、量産対応を行っており、製品仕様によってはクリーンルーム内での取扱いも可能です。また、数量に応じては自社中国工場での大量生産にも対応しております。

弊社金型の特殊技術

1. 低型温成形技術

金型内のキャビティやコアに熱伝導率の低い素材を使用し、金型部品に特殊処理を施すことで、低型温での成形を可能とします


  1. ・成形サイクルを大幅に短縮
  2. ・ガスの発生量を減らし金型のメンテナンスコストを削減
  3. ・バリの発生を抑えバリを除去する作業工程を削減
  4. ・外観品質を改善し成形品の歩留まりを向上
2. 薄肉成形金型

射出圧縮成形用金型技術と低型温成形技術の併用により、プラスチック射出成形でφ120mm×0.3mm厚を実現。金型構造の工夫により反りの発生も抑え、従来は射出成形が不可能と考えられていた薄肉成形品の新たな製造方法を確立することに成功しております


■射出圧縮成形(光ディスク成形用金型の例)
射出圧縮技術による光ディスク成形用金型の仕組み
■光ディスク成形用金型での成果
光ディスク成形用金型鏡面

基板外形φ120mmにて0.3mm厚の成形品を実現。
また、射出圧縮や最新の金型技術により、反り量を半減しました

3. 微細転写技術

射出圧縮成形用金型を用いて、ナノレベルの微細な凹凸(高アスペクト比)を高精度に転写する技術を開発。低型温成形技術や薄肉成形技術との併用により、射出成形による量産化を可能とします。

光ディスク成形用金型

製品

電話でのお問合せ047-386-3111
(精機関連 営業担当) 月~金 8:30~17:30

  • メールフォーム
  • お問い合わせ

PAGE TOP