• サイトマップ
  • メールフォーム
  • お問い合わせ
  • 検索
  • English

文字の大きさ

  • 製品情報
  • 会社案内
  • 関係会社
  • IR情報
  • 採用情報

製品情報

測定器

端面形状測定器

DAISI V2

DAISI V2
DAISI V2画面

DAISI(Digital Automated Interferometer for Surface Inspection)はKONCENTRIK4.0の優れたソフトウェアを継承し、更にオートフォーカス、オートキャリブレーション、コネクタの自動保持といったハードウェアの改良によって、作業性、再現性の向上を実現させました。また、単心コネクタだけでなく、MT-RJコネクタの測定も可能です。
コンピュータとのインターフェースもUSB2.0を使用しておりますので、ノートパソコンとの接続も簡単です。

形状測定精度
  *Repeatability/Reproducibility Range
曲率半径(mm) ±0.05% / ±0.05% 3 to flat
球面偏心(µm) ±0.5 / ±1 0 to 500
ファイバ引き込み(nm) ±1 / ±1.5 ±160 (±15 000 白色LEDオプション)

※*Repeatability,Reproducibilityについて: *Repeatabilityはコネクタを抜き差ししない状態で50回の繰り返し再現性を測定した数値、Reproducibilityはコネクタを都度抜き差しして50回の繰り返し再現性を測定した数値で、ともに1Σでの数値です。


DAISI-MT V3

DAISI-MT V3
DAISI-MT V3画面

DAISI-MT(Digital Automated Interferometer for Surface Inspection)はDAISIのオートフォーカス、オートキャリブレーション、といったDAISIと同様のコンセプトに基づき設計された多心コネクタ用端面形状測定器です。
メガピクセルCCD採用により、高い再現性と測定の高速化を実現しています。また、DAISI同様コンピュータとのインターフェースもUSB2.0を使用しており、ノートパソコンとの接続も簡単です。

形状測定精度
  *Repeatability/Reproducibility Range
端面ダレ (mm) 1% / 3% 3 to flat
X Y 角度(°) 0.002 / 0.02 ±1° 0°(PC) or 8°(APC)
ファイバ高さ(µm) 0.005 / 0.015 Up to 15
最大測定領域 (mm) n/a 3.2 × 2.5

※*Repeatability,Reproducibilityについて: *Repeatabilityはコネクタを抜き差ししない状態で50回の繰り返し再現性を測定した数値、Reproducibilityはコネクタを都度抜き差しして50回の繰り返し再現性を測定した数値で、ともに1Σでの数値です。


3DScope V2

3DScope V2
3DScope V2画面

3DScope V2は、測定速度、測定精度、シンプルさ、堅牢性とコストを重点に開発した新しい形状測定器です。
サイズは小型ですが、校正手順は自動化されており、非圧縮でリアルタイムな高品質の画像がハイスピードUSBリンクで転送され、信頼性の高い測定を提供します。

形状測定精度
  *Repeatability/Reproducibility Range
曲率半径(mm) ±0.05% / ±0.05% 3 to flat
球面偏心(µm) ±0.5 / ±1 0 to 500
ファイバ引き込み(nm) ±1 / ±1.5 ±160 (±15 000 白色LEDオプション)

※*Repeatability,Reproducibilityについて: *Repeatabilityはコネクタを抜き差ししない状態で50回の繰り返し再現性を測定した数値、Reproducibilityはコネクタを都度抜き差しして50回の繰り返し再現性を測定した数値で、ともに1Σでの数値です。


偏心測定器

KONCENTRIK V2

KONCENTRIK V2 パッチコードコア偏心測定時
パッチコードコア偏心測定時
KONCENTRIK V2 フェルール穴偏心測定時
フェルール穴偏心測定時
KONCENTRIK V2 画面

ステージの付け替えにより、1台でフェルールの穴偏心、パッチコードのコア偏心の測定が可能です。
キャリブレーションも簡単で、従来機に比べ測定スピードも速く、自動測定も可能です。
コンピュータとのインターフェースもUSB2.0を使用しておりますので、ノートパソコンとの接続も簡単です。

形状測定精度
  測定項目 測定レンジ 測定精度
パッチコード
コア偏心
偏心(μm) 0 to 100 ±0.15μm
角度(°) 0 to 360 1°以内
測定速度 約10秒  
フェルール
穴偏心
偏心(μm) 0 to 100 ±0.15μm
角度(°) 0 to 360 1°以内
フェルール外径
(mm)
1 to 4  
フェルール内径
(μm)
5 to 500  
測定速度 約3秒  

挿入損失・反射減衰量測定器

MAP-200 / mORL Module

MAP-200 / mORL Module
■Viaviソリューションズ社製 挿入損失・反射減衰量測定器

MAPプラットフォームは、各種モジュールを組み込んだ様々な測定が可能な汎用測定器です。
挿入損失・反射減衰量測定モジュールmORLには、1スロットに1310nm/1490nm/1550nm/1625nmの光源搭載可能(SM)で、挿入損失の分解能を±0.001dB単位で表示、マンドレルなしで最短70cm、80dBまでの反射減衰量を測定可能です。
また、スイッチモジュール使用で最大100ch以上の同時測定が可能、MT/MPO測定時には積分球を使用し、受光素子の位置による感度のバラツキを解消することができます。 マルチモードファイバ測定モジュールの他、多種モジュールもラインナップしております。

挿入損失測定 測定公差 ±0.02dB
スイッチ使用による公差 ±0.01dB
積分球使用による公差 ±0.03dB
反射減衰量測定   再現性 公差
-30 to 65dB ±0.1dB ±1.0dB
-65 to 70dB ±0.2dB ±1.0dB
-70 to 75dB ±0.4dB ±1.7dB
-75 to 80dB ±1.5dB ±3.0dB

上記製品の仕様やその他詳細に関しましては弊社へ直接お問い合わせ下さい。
又、カタログ以外の製品に付きましても、お気軽にお問い合わせ下さい。

PDFフォーマットファイルをオンラインで開くにはPDFプラグインが必要です。

電話でのお問合せ047‐388‐6111(光製造用機器 営業担当) 月~金 8:30~17:30

PAGE TOP